トップページ サイトマップ お買い物ガイド 発送までの納期 お問合わせフォーム 特定商取引法表示
  


当店の印鑑(実印・銀行印・会社印)は下記の工程でお作りしております。
工程の一部に機械を用いる事により完全手彫りを超える手彫り印鑑を目指します!
  
@印影作成(手作業)
A荒彫り(機械)
B仕上げ(手作業)
文字入れは手作業にて行いますので、同じ印影が出来る事はございません。印鑑の作成において最も重要な文字入れは、手作業にて慎重に行います。(鑑定印鑑の場合はこの時点で接点数と強調箇所を調べ、それを基に文字入れを行います)
※上記の写真は印面に直接筆で文字を書いておりますが、荒彫りに機械を用いる為に現在では印面に直接文字は書いておりません
当店では荒彫りに機械を用いる事で、正確さと効率化を図っております。どうような名人でも機械の正確さに勝る人はおりません。当店でも全工程手作業にて作成する事も出来ますが、現在は上記の理由により荒彫り作業に機械を用いております。仕上げは必ず手作業にて行います。上記は荒彫りに機械を用い、手作業にて仕上げた当店の印鑑です。全工程を手作業にて作った印鑑と遜色のない出来上がりになります。

A荒彫りの段階のご印影

B仕上げを行ったご印影
左の写真は作業途中と出来上がりに押印した実際の印影です。
仕上げを行う事により、めりはりのある美しい印影になっていますね!



文字の彫り上がりにドテ状(テーパー状)の印刀の痕(あと)がある・・・仕上げ
手彫り仕上げの印鑑は、印鑑を押した後、印面を斜めから見ると、明らかに印刀の仕上げた痕があります
手彫り仕上げは印面の彫りが深い
手彫り仕上げは同じ文字でも文字の大きさ・間隔・線の太さ等、微妙にどこかが
   違っている
機械彫りの場合、印面の底面がまっ平らになっている
機械彫りの文字は左右対称の文字になる
  
それぞれの長所と短所

※当店の印鑑は手彫り仕上げの印鑑になります

完全手彫り印鑑手彫り仕上げ印鑑機械彫り印鑑
長所 ・偽造が困難
・味があり、美しい文字・出来上がり

・欠けにくい
・偽造が困難
・味があり、美しい文字・出来上がり

・欠けにくい
・完全手彫りと比べると値段がリーズナブル
・値段がリーズナブル
・出来上がりが早い
短所 ・手彫り仕上げとの出来上がりの違いがわかりにくい
・値段が非常に高い
・大量生産出来ない為、納期がかかる
・完全手彫りである証明がお店任せになってしまう(偽装にご注意を!)
・機械彫りと比べると彫り上がりまで時間がかかる
・機械彫りと比べると値段が高い
・同形の印鑑が簡単に出来る
・印面が欠けやすい

印鑑のお手入れ方法

印鑑製造工程・手彫り仕上げと機械彫り印鑑の違い

印鑑選びのアドバイス
 
個人印メニュー
法人印メニュ
印鑑関連用品
ゴム印・浸透印
表札
 
■ ご注文は年中無休24時間、当ホームページより承っております ■
(営業時間外のご注文やお問い合わせのお返事は翌営業日より順次対応をさせていただきます)

芳文堂 所在地:〒661-0025 兵庫県尼崎市立花町4丁目16-1
電話:06-6438-2987、FAX:06-6438-1648、E-mail:
mail@hobundo.jp 
営業時間:10時〜19時(月〜金) / 10時〜17時(土) / 定休日:日・祝日 
前頁へ戻る   トップページ
Copyright(C)芳文堂(ほうぶんどう)All rights reserved.