開運印鑑・はんこのお店 芳文堂
ご注文方法 納期 お問い合わせ 特定商取引法表示
    • サービス紹介
    • 印鑑選びのアドバイス
    • 印鑑FAQ
    • 旧字・外字のお客様
    • 店舗彫刻士紹介
    • サイトマップ
    • 開運実印
    • 開運銀行印
    • 開運印鑑セット
    • 高級開運印鑑
    • 鑑定無銀行印
    • 三文判認印
    • 代表者印
    • 角印
    • 法人印鑑セット
    • ゴムの法人印
    • 実印ケース
    • 認印ケース
    • 法人用印鑑ケース
    • 朱肉・印泥
    • スタンプ台
    • 落款印
    • ゴム印・浸透印
    • 銘木表札
  • トップページ
  
印鑑のお手入れ方法

※開運印鑑では天然の印材である象牙、水牛、柘植の木材を使用する事が吉となりますが、天然印鑑のお手入れは材質により少し特徴がございますので下記を参考にしていただけましたらと存じます。
また、保管方法としましては、ケースに入れずに印材を裸のまま放置致しますと劣化が早くなりますので、印鑑を使用しない時には印鑑ケースに入れて保管いただくとより長持ち致します。
象牙 象牙印鑑の場合
象牙は天然素材でデリケートなので、ご使用後は柔らかな布で優しく拭き専用の印鑑ケースに保管してください。印影が映りにくい場合は中性洗剤をつけて歯ブラシで印面を磨いてください。

<一言アドバイス>
象牙はとても耐久性があり、虫食い等の心配もございませんので、特にメンテナンス等で気にかけていただく事はございません。
ただ、耐久性があると言いましても強い衝撃により外枠の弱い部分等にヒビが入る事がございますので、堅い地面への落下等にはご注意下さいませ。
黒水牛
オランダ水牛
水牛印鑑の場合
水牛は虫に食べられやすい素材の為ご使用後は必ず専用の印鑑ケースに保管してください。印影が映りにくい場合は中性洗剤をつけて歯ブラシで印面を磨いてください。長期間ご使用されない場合は防虫剤と一緒に保管される事をお勧めします。

<一言アドバイス>
黒水牛はもともと粘り強く耐久性のある印材ではございますが、乾燥に少し弱いところがございますので、数年に1度でも植物性油(オリーブオイル)等を表面に塗っていただきますと、より長持ちします。
柘植 柘植印鑑の場合
柘植は朱肉の油分が染み込むと印鑑の枠等がもろくなりやすいので、ご使用後は必ず柔らかな布で優しく拭きとってください。印影が映りにくい場合は歯ブラシで軽く磨いてください。(木材の場合は水に濡らさないようにして下さい)
日常のお取り扱いについて
天然素材の印鑑は大変デリケートです。落としたり、ぶつけたり、強い衝撃をあたえないよう優しくお取り扱いください。
(印相上、欠けた開運印鑑を使用する事は良くありませんのでご注意下さい)
また、水牛等は乾燥によって劣化する恐れがある為、年に一度は植物油をつけた布で優しく全体を拭いてください。
  
印鑑選びのアドバイスはこちら

印鑑のお手入れ方法

 
芳文堂 前頁へ戻る   トップページ