開運印鑑・はんこのお店 芳文堂
ご注文方法 納期 お問い合わせ 特定商取引法表示
    • サービス紹介
    • 印鑑選びのアドバイス
    • 印鑑FAQ
    • 旧字・外字のお客様
    • 店舗彫刻士紹介
    • サイトマップ
    • 開運実印
    • 開運銀行印
    • 開運印鑑セット
    • 高級開運印鑑
    • 鑑定無銀行印
    • 三文判認印
    • 代表者印
    • 角印
    • 法人印鑑セット
    • ゴムの法人印
    • 実印ケース
    • 認印ケース
    • 法人用印鑑ケース
    • 朱肉・印泥
    • スタンプ台
    • 落款印
    • ゴム印・浸透印
    • 銘木表札
  • トップページ
  
八方位鑑定印鑑について   印相について   正しい鑑定印とは   八方位鑑定印相判断書の詳細   開運吉相印の作成
  
芳文堂 鑑定印鑑(開運実印・銀行印)・・・
開運印鑑(接点・強調箇所)
  • お名前の画数・生年月日から接点数を導き出し、おひとり様づつ増画法を用いてご印影を作成します。
  • 弱い運気の接点箇所を強調し、運の調和を図ります。
  • 以前は難しい鑑定作業は本と文献を調べて鑑定していましたが、より的確さと正確さを求める事により当社はコンピューターで鑑定が可能になりより正しい鑑定印鑑をお届けすることが出来る様になりました。
  • 印鑑に同封しております印相判断書にてご自身でも鑑定内容をご確認いただけます。
画数の早見表はこちらになります
印相(いんそう)について
人間は[成功運・愛情運・交友運・財産(健康)運・住居運・家族運・希望運・才能運]と8つの運を持っています。
ですが、必ずしもそれら8つの運が平等にある訳ではありません。その方の中には強い種類の運もあれば弱い種類の運もあるのです。それはまた個人個人によって違います。
印相法(八方位鑑定)とは、これら8つの運を右図のように印面(円)の八方に配置し、その方に合った接点(印面の外枠に接する点)の数を合わせ、また、その方の弱い運気を接点により強調する事により、“幸運”を導きます。
当店では
「お名前の画数(字画)・生年月日・血液型」からコンピューター判定によりこの接点数を鑑定し、その方の不足している運を強調するように印影を書いていきます。それならば、八方すべてを強調して作ればいいのでは?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、それでは意味が散漫になり効果が薄れるという事でよくありません。
印相法とは元々、姓名学で名前を調べて凶名であった場合でも、改名しないでも吉運に転換させるという方法のひとつだったのです。
また反対にこの接点数のとり方を誤ってしまうと、せっかく良いお名前の方も、また最良のお名前に改名した方も、その字画数に変化を及ぼして凶意を招く事になってしまうという事もあるのです。
印相法(八方位鑑定)についてご紹介させていただきましたが、お答えはあくまでも易学上の可能性であり、決定ではございません。
当店では代々伝わるこの“印相法(八方位鑑定法)”を用いておひとり様づつ接点数を鑑定し、それに基づき印影を作り、実印を彫刻しております。
八方位鑑定グラフ



正しい鑑定印鑑とは
印面八方の判定と加えて名前の字画の吉凶を補正、調和させる増画法という法則と、その人の生年月日のその星に合った相性の良い印材を選び鑑定された印の事を示します。
印面八方位の判定とは
運勢をより幸運な方向へと導く為、文字と輪郭の接触部分を見出すことを言います。
あなたの名前の画数を調べ生年月日の星を調べ血液型を加味し、これ等を印面に八方位の区分した印面正位図によって印面のそれぞれの特徴とする箇所や欠点の箇所を見出し、正位図に当てはめて吉の方向を見出す。

【もっと詳しく…】  印相のルーツ
印鑑写真
円(印)は宇宙、地球を表し、円を45°づつに八方位に分割し、天地運行の法則によって運勢の性質を表しています。「名は体をあらわし、印は運をかたどる」と言われています。あなたにふさわしい吉相印を得て、開運のきっかけとし、また豊かな人生のために生かしてくださることを、希望いたします・・・

八方位鑑定の吉相(印相)判断につきましてはページ下部の「八方位鑑定印相判断書の詳細」をご参照下さいませ。
鑑定印鑑付属品 鑑定印鑑には印鑑の他に、印鑑彫刻鑑定書・八方位鑑定の詳細(印相判断書)・もみ皮印鑑ケース・印袋がついております。
(左写真をご参照下さい)

また、印相学的に相性が吉となる印材を生まれ年と印材の合性表のページにてご確認いただけます。

鑑定付開運印鑑の商品ページ:  開運実印  開運銀行印  開運印鑑セット
お一人様ずつ印相学に基づいてコンピューターで鑑定しご印影を作成します。当店の開運印鑑には鑑定内容を記した「印相判断書(いざない)」をお付けさせていただいております。真の鑑定印鑑(開運実印・開運銀行印)をお客様ご自身でもどうぞお確かめ下さい。

印相鑑定判断書
下記はサンプルです。(いざないVersion.3.0)
印相判断書 昔より伝わる八方位鑑定により吉運となる接点数を導き出します。本来、この作業は各書物を参考にして鑑定を行いますが、当店ではコンピューターによりこの鑑定作業を行っています。これにより鑑定内容の正確性が増すのはもちろんの事、鑑定に要する時間の節約にもつながり、ひとつのサービスとして、お客様に真の鑑定印をお届けする事が出来るようになりました。

生年月日(九星)・血液型によるあなたの性格診断。
姓名判断 姓名判断によるお名前の診断。
吉凶にかかわらず印相法の接点数による増画法であなたの持つ運勢をより良きもの(
大吉)へと変換します。

これが昔より伝わる印相学による開運の最大の意味なのです。
八方位鑑定グラフ お名前の画数に生年月日・血液型の鑑定を加味し、運の強弱をグラフで表しています。これにより強調させる運勢を判定します。

お作りした印鑑(右)を左図と照らし合わせお客様ご自身でも鑑定の内容をどうぞご確認下さい。
印相判断(鑑定結果) お名前の画数(総画・人画・天画・地画・外画)により吉となる接点数を導き出します。
また、各画数・生年月日・血液型により弱い運勢を調べます。
これを元にしておひとりおひとりご印影を書いていきます。
-------------------
九星による印材の相性診断。

生まれ年による印材との合性表はこちらをご覧下さい
※お答えはあくまでもあなたの中にある可能性であり、決定ではございません。
より良き明日へのご努力の指標としていただければ幸いです。
 

● 開運実印 (個人用)のページ
・・・姓名(フルネーム)彫刻

● 開運銀行印 (個人用)のページ
・・・姓(苗字)または名のみを彫刻

● 開運印鑑セット (個人用)のページへ
・・・
      実印・銀行印・認印の2本セット、3本セットはこちらになります
      (もちろんすべて吉相開運鑑定付です)
 

八方位鑑定による開運印鑑について

 
芳文堂 前頁へ戻る   トップページ