印材説明

象牙(ぞうげ)の印鑑
印材の最高級品。印材の中でも特に優れ、印鑑の必要条件をすべて満たしています。これ以上の印材はないとまで言われ、古くから広く利用されてきました。彫刻にも捺印にも最適な硬さで、緻密な仕事に最適です。気品のある色つや、きめ細やかで美しい質感があります。現在はワシントン条約で一部輸入禁止ですが,条約締結以前に輸入されたものは、認定シールとともに正規に流通しています。また最近では財産価値の見地からも注目を集めています。

上質象牙…
象牙の中心(芯)に割合近い部分から採取した印材です。象牙は芯に近いほど目が細かく耐久性があり、見た目もまた美しいのです。
当店では印材仕入れ時に中皮層から内側のものから一本一本自分の目で色や目を見て厳選しております。それを上質として、使用させていただいております。

並質象牙…
当店で使用している象牙の並質は、“外皮層”の部分にあたります。ただ厳密に言いますと、外皮層の中でも表皮層と中間層に分けられるのですが、粗悪な表皮層のものは使っておりません。

次へ - オランダ水牛(純白)

TOPPAGE

PC用:ホームページ

【 芳文堂 】